VSCC (Vintage Slot Car Club)

  • ② 1/24 1956 BRM P-25 (Merit)

    行楽のシーズンでもある9月もすでに終盤を迎えてしまったが、未だにコロナ禍でもあり、おまけに台風だの線状降水帯だのと雨の日ばかりが続き、外出どころか作った車のボディーにも塗装を出来ない日が続いていた。 昨日のお彼岸のお中日だけは雨に降られず上手く墓参を済ませる事が出来たが・・・。

    このMeritのP-25も毎晩時間を見つけては少しずつ進めてはいたのだが、毎度の事だが1~2時間ほどの製作時間では思う様には進まない。 今回のP-25は1956年当時のデビュー車両がモデルになっているのだが、実車も56年のレースでは ”鳴かず飛ばず ” の状態で、直ぐにボディー、リアサスを始めとした大改造が進められた様だ・・・。

    今回の車はMeritのオリジナルモデルを出来るだけ忠実に再現したつもりなのだが、欠品パーツもいくつかあり、それらの製作にも結構時間を取られている。 

    一番の問題であったリアのタイヤにはどうにかカレラ用の中溝有のシリコンタイヤを見つけ、メリットのモデルとほぼ同じ感じ(同サイズ)に制作することが出来た。(シリコンタイヤの中溝を、古いジャンクのフロント用スポンジタイヤで埋めている。)

    後は外装パーツの幾つかを作らなければならないが、レーシングスクリーンが2次曲面の様なので、ヒートプレスでも簡単に出来そうなのでその点は助かっている。

    下の写真は、ジャンクの余り物のリム幅の違うホイルを切り出し、レジンのインナーとの合わせホイルを製作した時のものだが、・・・既にタイヤも接着し、おおよそのの芯出しも済ませてある。 ・・・多少手間はかかったが、リアにそれらしい感じのシリコンタイヤを見つける事が出来たのはラッキーだったかもしれない。

    その下は自作のエグゾーストパイプとやはり欠品のサイドミラーを2~3mmのプラ棒と、太さの合いそうなライナーから削り出して作ってみた。

    やはりホイルの元型が綺麗ではなかったせいか、レジンのインナー表面にも僅かな凸凹が存在し、塗装を付してもなかなか綺麗なホイルにはなっていない! (最近はMrカラーのメッキシルバーNEXTが欠品の様でなかなか手に入らないので、スピナーの光沢が出せなくて困っている)

  • ① 1/24 1956 BRM P-25 (Merit)

    ここの所数ヶ月、外為の変動が大きく対ドルで145円をオーバーする様になって来た。 これは対ドルだけではなく、ユーロやスターリング・ポンドに対しても同じことで、日本の円安が久しぶりに厳しい所に来ている。  

    ロシアのウクライナ侵攻が始まった頃から、世界的な気候変動、コロナの繰り返される再燃、世界経済の不安定化(インフレ)と、ヘレンケラーではないが3重苦以上の地球の厄年となっている。 特に少子高齢化がピークに近づいている赤字国債大国日本にとっては本厄と云っても過言ではない状態になって来た・・・。

    大分前から他の車と並行して、時間があれば手を入れていたMERITのP25のパーツも大分揃ってきた。 今まで色々なメーカーのBRMは作っては来たのだが、P25を作るのは今回が初めてである。

    ここのところ毎回苦労しているのが50年代当時の古いF1のタイヤである。 クローズド・ボディーの車であれば、多少内側のホイルが余っていてもひっくり返さなければ判らないのだが、オープン・ホイールの車となるとそうはいかない。 MERITのプラモのタイヤもフロント、リア共に結構細いのだ。 おまけにホイルは大きめ(19mm程)なのでホイル作りにも苦労する。

    今回も手持ちのジャンクホイルを写真の様な形に切り出し、レジン取りしたホイルパターンを張り付けようと苦戦している。 接着する糊代部分が少ないので、切り出したホイルの内側に糊代代わりにする通常のゴムホースを切り出し張り付けてみた。  接着剤が乾いた頃を見計らって余分なホース部分を切って、ホイルパターンを張り付けてみようかと思っているのだが・・・、果たして上手く行くかどうか・・・?

    とりあえずフロントのタイヤの接着(タイヤの糊代が7mm程)が上手く行くようであれば、リアのタイヤを作ろうと思っているのだが、実車のレース以上にスロットの場合は軸受けやタイヤに負担がかかるので、こんな華奢な作りで上手く行くものかと不安を抱えながら製作している・・・。

  • ⑩ The Formula 1 in 50’s. 1/24 1948 Maserati 4CLT (Merit)

    立秋を過ぎて既に久しいが、やっとここ数日は朝夕の気温が秋の気配を感じさせるものになって来た・・・。 コロナ禍は相変わらずの連日高止まりで、とても秋の行楽などとは云えない状況である。

    このMERITのオリジナルのジャンクボディーを使った4CLTも、大分前にシャーシーの一部やボディーの修正等も済ませていたのでもっと早く完成するだろうと思っていたのだが、この猛暑でお盆の時期も殆ど手を付けられなかったので大分完成が遅くなってしまった・・・。

    この車はやはりヴィンテージもどきとも云える内容で・・・、雰囲気だけはあるのだが、一番私が残念に思っているのはスピナーだ! 

    本来は2ブレードのスピナーが本当なのだが、フロントをフリーホイルにしている関係で、シャフトに合う丁度良いハトメでしっかり半田付けできなかった。 既に2ブレードのレジンのスピナーも用意はしてあったのだが、これではフロントホイルをしっかりと固定できず、仕方なく3ブレードの金属スピナーにピンバイスで穴開けして、前作同様に半田付けしてとりあえず形にした次第である・・・。(涙)

    エンジン(モーター)もロングシャフトだったので現行の物を使用しているし、フレームも2mmのブラス板で作ってしまったので、多少の軽め穴を開けたくらいではウエイトを減らす事も出来ず、・・・このモーターでは長時間の走行には耐えられないのではないかと思う。 

    塗装も軽くクリアを噴いただけで研ぎ出しも殆どしていない。 おまけに大分前に買ったRevell風のリアのシリコンタイヤは軽く芯出ししたのだが、気泡が多く(走行にはそれほど問題は無いと思うが)見てくれの点で云えば酷い物だ・・・。

    ボンネットのハンドルは洋白棒をたたいて薄くして削り出してそれらしく装着している。 レーシングスクリーンも洋白棒の半田付けである。  

    本来ならばゼッケンも入れたかったところなのだが、当時の車はレースごとにボディーに微妙な違いも有り、ナンバーも当時はフリーハンドだった様なので、今回はゼッケンも入れないで終わらせてしまった・・・。

  • ③ 1/24 1952 Cooper Bristol

    ここの所、BA-5のアウトブレイクで感染者が激増している。  ・・・本当に何時になったら終息してくれるのだろう?! 

    今まではあまりTVを見る事は無かったのだが、最近は週の半ばから深夜までゴルフ中継などのスポーツ番組を録画を含めて見ていることが多くなってきた。

    通常の生活パターンでは夜の12時前後から1~2時間、工作机に向かうことがルーティンだったのだが、ここところの猛暑も手伝って、こまごました工作にちょっと疲れ果てて来ている。

    外には出ないは・・・、深夜にTVを見ながらちょっと口寂しくてお菓子などを口にするはで、幾分お腹の周りの脂肪が増えて、ソファーに座る時にはベルトを緩め、ズボンのボタンも外す事が多くなってきた。  ・・・運動不足も数年にもなると、老人体形も大分変ってくるようだ!(涙)

    簡単な気持ちで作り始めてしまった自作のクーパーブリストルだが、ここの所些細な所に問題が発生して1週間以上パーツを探したり、どうしたものかと暗中模索を繰り返していた。 出来るだけガイドがボディー先端から見えない様にしたかったので、フロント部分の改造に手を焼いていたのだ・・・。

    この車はちょっと小ぶりな上に、以前製作したロータス16の様にボディーサイドに前後シャフトを下からそのまま通せる様な切り込みを入れないで製作したボディーだ。 (意外と自作の流し込みボディーは経時変化によりボディーサイドが開いてしまう事が多いので、それを嫌っての方法である・・・。)

    そんな訳でメインフレームをビス止めした後にシャフトを通し、クラウンギアやフロントのシャフト止めなどをネジ止めし、それからホイルを装着すると云う、至って面倒な作業が要求されるのだ!  

    おまけに通電してみたら、ホイルのイモネジがお飾りのリーフサスに多少当たる様なのでこの辺も調整しなければならないし、ドライブシャフトによる振動も結構ある・・・。(涙)

    タイヤはRevellの良さそうな1/32のラバータイヤをフロントに仮装着してあり、リアもレヴェルのシリコンタイヤを無接着でとりあえず装着してある。  

    この暑いさ中にイモネジの頭を削ったり、ホイルの当たりやモーターの振動を調節するのはしんどいので、とりあえずクーパーブリストルは今回が最後の投稿としたい。  ドライバーも、もう少し高めに取り付けた方がF2の雰囲気が出たかもしれないな~?!

    その内、涼しくなってからまた調整しようかとは考えているが・・・、この車はピットマンモーターのラダーフレームを使った方が製作が楽だったな~と後悔している。(苦笑)

  • ② 1/24 1952 Cooper Bristol

    関東地方は例年よりも早く梅雨明けした様で、抜けるような青空続きは良いのだがいっきに気温も上昇し、既に高齢者になって久しい我が身としてはとても外出する気にはなれないでいる・・・。

    今月はメリットの4CLと急に作り始めてしまったクーパーブリストルとで、パーツの自作等でちょっとバタバタしていた。 

    クーパーブリストルのボディも大分前に「大体こんな感じかな~?!」と云った安直な感じで製作して放置していたボディーシェルだったので、いざ作り始めてみると色々な所に問題(ボディーシェル自体があまり正確ではない)が存在し、おまけに当時の実車のボディー形状もまちまちだし、カラーも判らずで・・・、大分適当な車になってしまっている!

    梅雨明け前にボディーには何とか塗装だけは済ませたのだが・・・、本当であればフロントカウル上の不可思議な曲線だらけのエアーダクトも何とか製作してみたかった・・・。(何回か粘土でトライしてみたのだが、失敗つづきであった。) 

    2晩ほど色々考えてはみたのだが、今の製作技術では良いものは出来ないだろうと早々に製作を諦め、中途半端な車になる事は覚悟で製作を進める事とした・・・。

    ドライバーにはホーソンを出来れば乗せたかったのだが、ボディー形状も違うのでフロントに個人的な好みで白の縁取りなども入れてしまったので、全く架空のクーパーブリストルになってしまった~・・・。(涙)

  • ① 1/24 1952 Cooper Bristol

    ここのところ、外は抜けるような好天なのだがコロナ禍で外出する習慣がなくなってしまったせいか、自宅でTVを見たり夜工作机に向かうことが多くなっている。

    今日も昼食時にはLPGAの ”バンク・オブ・ホープ・マッチプレー” で決勝まで勝ち上がった古江彩佳の戦いぶりをTV観戦していたし、昨晩は全仏オープンテニスの準決勝、ナダルvsアリアシムの試合を寝る直前まで観戦していた・・・。(結果は今朝PCで見たのだが。笑)  先ほどまで観ていたインディー500の佐藤琢磨も残念であった。

    夜更かしに運動不足と+α、・・・体に悪い事ばかりしている!

    今月もやはり過去の放置車両の製作に息抜きの時間を割いていたのだが、さすがに赤い車ばかりだったので違う色の車でも作ろうかと、古いクーパーブリストルのボディーを引っ張り出してシャーシーやパーツなどを作っていた・・・。

    下の4枚の写真は大分前にスケーレクストリックのフェラーリのボディーをレジン取りした時に、ボディー幅を詰めてブリストル風に改造を始めた頃の物である。 このボディーは先日UPしたフェラーリの375F1と同じもので、切り貼りしてクーパーブリストル風にしたものであったと思う。 (違ったら御免! ・・・既に素材が何であったか失念している。 苦笑)

    当時はボディーのおおよその外形だけ製作しただけだったのだが、今回の製作ではシャーシー以外にもホイルやボンネット上のルーバーなどの細かい外装パーツにも苦戦させられている。

    ・・・未だに雰囲気の合いそうなリアのウレタンタイヤも見つからない状態である。

  • ⑨ The Formula 1 in 50’s (Revell: 555→553)

    私はフロントエンジンのフォーミュラが好きなので、このRevellのSqualo555をジャンクを含め数台持っているのだが、1965~66年当時にレヴェルはなぜこんな古いフェラーリのF1を発売したのかを未だに疑問に思っている。  

    話せば長くなるのでここでは簡単に書くが、そもそもが1952年のフェラーリ500F2から始まる。 この年はF2(2000cc)に世界選手権タイトルが賭けられ、フェラーリでは珍しい4気筒のエンジンが使用された。 ・・・500F2はこの年大活躍しチャンピオンを2年連続で獲得している。 このフェラーリ500F2が625、553から555へと変化していくのだが、1954年からは再び排気量2500ccのF1へとタイトルが変更された。  しかし車輌の方がF2からの進化に耐えられなかったのか、2.5Lエンジンとの相性が悪かったのか?、555は500F2の様な目覚ましい活躍は出来なかった。 

    そんなSqualo555の様な10年以上も前のたいしたヒストリーも残せなかった古いフォーミュラ1を、Revellは60年代中期になぜ発売したのか・・・?  個人的にはどうせ発売するなら、52年の500F2のチャンピオンカーにして欲しかったと思うのは私だけでは無いと思う。 ・・・それがなぜか555なのだ!

    このRevellのSqualo555はキットでは発売されなかったらしく、ブリスター・パックのRTRとサーキットセットの付属車として販売された。ボディーのカラーは写真の朱色とダーク気味のシルバーの2色のプラスティックだ。  シャーシーも御覧のようなプラスティック製で、15Rの大型モーターとF130?クラスの小型モーター搭載の2種類が存在する。 ・・・不思議な事にFT16や16Dを使った車は発売されなかった。 やはり同じプラスティック・シャーシーを使ったロータス23とポルシェRSKのRTRも同じようなブリスターパックで発売されている。  サーキット・セットは67年頃まで、バギーのセットと一緒に発売されていた様だ・・・。

    今回製作した車も、この555のボディーを自分なりに修正した長期放置ボディーに、再び修正を加えたレジンボディーを使用している。 エグゾーストのカバーがちょっと大きすぎたし、テールエンドの形状等ももう少しいじりたかった。 タイヤも長谷川のテスタロッサの物をそのまま付けているので、そのうちリアタイヤは良さそうなウレタンに変えなければならない・・・。

    この車は自作シャーシでは有るのだが、モーターにF200を使ったプロペラシャフト駆動になっているので、昔だったらヴィンテージの項目ではなく、日記の方に入れなければならない車である。

  • ⑧ The Formula 1 in 50’s (Original: 801)

    窓越しに毎日見ている欅の若葉も日増しに葉数を増し、この数日は半袖でも過ごせる様な暖かい陽気になって来た。  コロナ禍もいまだ終息せず、ウクライナ問題も深刻度を増してきている。  ・・・そしてまた今年もゴールデン・ウィークがやって来る。

    昔の様に出歩く先も無く、いやがうえにも籠の鳥生活が続いている・・・。  その割にはおもちゃの工作もなかなか捗らなかったが、どうにかホーソンとコリンズのフェラーリ801が形になった。  

    CHRIS NIXONの洋書 ”MON AMI MATE” のマイケル・ターナーの絵に大分前に触発されて今回の801を作ったのだが、それにしても完成までに随分時間がかかっている・・・。  2人とも私の好きなブリティッシュ・ドライバーなのだが、夭折だった!

    車の出来は相変わらずで、失敗や手抜きの多い工作なのだが、数年前に作っておいたホーソンのヘルメット等のパーツがやっと利用する事が出来て、当時の貴重な時間を無駄にしないで済んだ様だ・・・。(笑)

  • ⑦ The Formula 1 in 50’s (Original: 801)

    今年の桜の季節もそろそろ終わろうとしている。 季節の移り変わりが早いと云うより、時間の流れが歳を取ると早く感じられる・・・。   それは自分の1日の仕事量でも判断できる。 

    若い頃は同じ1日で100%の作業量(仕事や遊び)をこなしていたのが、今では良い所60%位だろうか・・・?(大分前にも同じような事を書いたような気がするが。笑)  シックスネーションズがつい先日終わったかと思ったら、今度はマスターズが始まった。 ・・・私の時間の流れは、スポーツ番組観戦で感じ取ることも多い様だ。

    801のボディーに塗装を噴いたのは2週間近く前の事だ。 手持ちのパーツで製作しているので、今回もそれらしい字体の古いデカルを貼ってみたのだが、ご覧の様に薄ぶき1回~2回で皺だらけになってしまった。 ・・・これを剥離せずに何とか修正するのに1週間ほどを要してしまった・・・。 

    しわがれたデカルを研ぎ出し、その上に透明デカルを貼って再度クリアを噴いたのだが、御覧の様に綺麗な修正にはほど遠い状態! もう少し研ぎだした方が良さそうだ。(クリアの厚噴きの為かスジボリも埋まり、シャープ感の無い “ぼてっと” したボディーになってしまった。 涙)

    塗装が乾く間に、こまごましたパーツを製作したり、Revellの553改造のレジンボディーに塗装などをして無駄時間を省いていた・・・。

    さてと・・・、昼食後にちょっと昼寝もしたし、今晩もマスターズの2日目のTV観戦だ~!

  • ⑥ The Formula 1 in 50’s (MERIT:D50)

    最近は歳のせいか、おもちゃ作りにもあまり身が入らなくなってきている。  上の写真はジャンクのメリットのスタティックモデルを並べて写真を撮ったものだが、リアパネルのつなぎ目等をスジボリした位で、あとはオリジナルそのままのボディを使用している。 (メリットのボディーにも片側だけにしかエグゾーストの開口部が存在しなかった。) 

    本来であればサイドのエアーポンツーンの上部にも僅かな曲線が見られるのだが、それも省略してしまった。 (ランチャ時代にはガソリンタンクが入っていた様だが、フェラーリに変わってからはエグゾーストパイプが通るだけのただの空のタンクになっている。)

    今回製作したフェラーリD50のコリンズ車(#26)にも面白いエピソードが存在する。 ご存じの方も多いと思うのだが、1956年のイタリアGP(最終戦)で#22のファンジオのD50がステアリングトラブルでリタイヤし、急遽このコリンズの車に乗り換えて2位でゴールし、3回目のワールド・チャンピオンシップを獲得したのだ!  

    現在ではそんな事は考えられないのだが・・・、それにしてもコリンズもそこそこのポイントを取っていた良いシーズンだったので、よくファンジオに車を譲ったものだと感心させられる。(欲のない男だ! 笑) ・・・今思えば、そんなことが出来たのも、モータースポーツがフレンドリーで、良き時代?と云えたからかもしれない。

    今回製作した車はその時のイタリアGPの前の車で、ゼッケン番号の字体が多少異なるコリンズ車である。 下地のサフェーサーを綺麗にサンディングしないでイタリアン・レッドを吹いてしまったので、相変わらず塗装は綺麗とは云い難い。 

    おまけに古いゼッケンデカルをつぎはぎしたり、一部をカットして白の塗料でフリーハンドで直した部分も有るので、ゼッケン番号にも色むらが出ている。 やはりデカルを貼るとクリアーを噴かなければならないのだが、砥ぎ出しも軽くした程度で鏡面仕上げなどには程遠い状態である。

    個人的には一番悩んでいたフロントの2ブレードのスピナー(メリットのキットは3ブレード)なのだが、良い案が見つからず、とりあえず完成を急ぐために3ブレードのスピナーを半田付けしてフロントタイヤをセットしてしまった・・・。(涙)

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新の投稿

アーカイブ

RSS