③ 1/24 ASTON MARTIN DB3S

・・・早いもので、またゴールデン・ウイークのシーズンになっちゃい

ましたね~。   今日も悲しいくらい良い天気だったな~・・・!!

昨晩遅く、手持ちの本の中からアストンの写真を色々探していたら、

しい写真が出てきたので、久しぶりにヘッダーの写真を入れ替え

てみた。 1954年のシルバーストーンにおけるプロダクションカー

・レースのスタートシーンなのだが、手前の白のレーシング・スーツ

を着ていち早く走り出しているのは、若き日の無冠の帝王、モス!!

・・・また、車も今では殆ど見かけなくなったジャガーのMkⅦと云

のも面白い。 (この車も1/24では皆無の車種だよな~・・・。)

  

さて、遅々として進まないMkⅠとDB3Sだが、この10日余りの間に

のんびりではあるが、すじ彫りやドライバーヘッドの肉付けなどを少

しずつ進めていた。 ご存知の様に古いプラモのモールドは今の様

な凹では無く凸なので、最初に紙でモールドの拓本を取って、それ

元に罫書き用の薄いプラ板のスケールを作らなくてはいけない。

直線だけ注意して切り出した罫書き用のスケールのプラ板の細か

ールはペーパーで適当に整えた後、部分的にテープでボディー

ながらの罫書き作業を私は進めいる。 ・・・しかしいつもの

だが、これがなかなか脱線ばかりでく罫書けないのだ。(涙)

  

 

実はつい最近まで何も考えずに写真だけ見て作っていたのだが、イ

ナーホイルの8個の穴はドラムブレーキの冷却用の物だと思って

いたのだがディスクブレーキだった・・・。  そうだよな~・・・、57年

のTR3がフロントディスクなんだから、ドラムの訳はないわな~・・・。

・・・そんでもって、この穴をどうするか?・・・と大分思案したが、ワイ

で隠れて見えづらい部分なので、簡単なデカルでごまかす事に

た。 適当な大きさのポンチでデカルをたたいて抜いてみたのだが、

デカル古かった事もあり、割れてしまって綺麗な円にならない。 

・・・困ったなと思いながら、たたかないでピンバイスの様にこすり

けてまわてみたまあまあの物が出来上がったので、これを目

インナーホイルに貼付けてつや消しクリアーで留めてみた。 

上手く出てない物は、そ後つや消し黒の塗料でタッチアップし

る。 このホイルはリムがレジンなので、エポキシでインナーホイ

留めているが、しばらくしたらリムの部分だけペーパーで芯だし

てはならないだろう・・・。

ホーソンのヘッドは3個目だが未だにこんなところ・・・。 ハーフのヘ

ットに後付けの変なバイザーが付いているので、なかなか感じを

出すのが難しい。 ・・・現状ではクラッシュしてポンドから這い出して

来たばかりのだらけと云った風体。 これからペーパーで面だしし

なければいけないが・・・、ホイルにしてもドライバーヘッドにしても、

最近は模型作りに 「ま~・・、いいか~・・・?!」 が多くなってい

けない。 (笑) 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中