① 1/25 A.C. Ace Bristol (amt)

ワールド・カップも幾つかのアクシデントは有ったものの、順当に強

豪国がベスト4に進出し、ウインブルドンの男子ファイナルもフルセ

ットまでもつれる、甲乙付け難いすばらしい試合だった。 途中、入

浴の為に40~50分中座したが、4時間弱の熱闘であった・・・。

昔からジ・オープンはウエアーが白が基本になるので、赤と白の”ユ

ニクロ”のロゴは結構目だっていたので、宣伝効果は大きかったの

ではないだうか? ・・・深夜のTV観戦ではあったが、ファイナ

けに観客席に正装のセレブリティーが多かったな~・・・。

  

さてと・・・、こちらは超マイノリティーなブリストルのその後だ~。

DB3のフロントフェンダーも名案が浮かばず、直付けか、元型を作

てバキュームした方が良いか思案中。 DB4はリアのテールランプ

プラ棒から今製作中だ。   ・・・これもうまくいくかどうか? 

そこで今回は時間の無駄を省く為に、”出来るところから”と云う事で

ブリストルを進めてみた。  本国使用のこの車は右ハンドルなので、

AMTの289のメータールを0.5mmのプラ板に写し取り、切り

出して反転して使おうと思っている。 ・・・実車のパネルのメーターの

並びは写真が無くて判らないのだが、通常のブリストルのメーターの

びで行くしかあるまい。 ・・後はグリルに付くオーバークール除け?

パネルだが、これはプラ板を削り、やはりバキュームする予定。 

  

アクリル?のウインドスクリーンの不細工なアルミ?ステーを瞬着で

コクピット周りに接着してみたが、瞬着がはみ出してそれこそ不細工

な結果となっている。(涙)  瞬着のはみ出しだけではなく、ステー

幅や角度もいまいちだ。 バキュームのスクリーンのとの相性が良

なければ、剥がして再度つくり直すしかないだろう・・・。  ジャンク

AMTのプラキットには、既に何処かで使ってしまったらしくシートが

1個しか入っていなかったので、そのままバキュームで1個製作。 

元型が塩から上手く抜けず、シートの裏側はご覧の様な状態なの

だが、隠てしまう部分なのでこのままいけるかもしれない。 

・・・後は小さなドロ避けを追加。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中