1/24 MPC MantaRay のボディーの事

 

MPCのマンタレイは、66年後半から67年にかけて発売されてい

おなじみのカスタム・ロッドのスロットカーだが、日本の日模から

発売されていた同じマンタレイの方が65年の発売だから、先輩と

云う事なる。 クラッシックの訳のわからない”ひょうたん”マンタ

レイとは違い、この2はそこそこのリアリティーを持っているのだ

が、私の人的な好みから云ば3:0の判定で日模に軍配が上

がる。 ・・・ここの所、何の変哲も無い自分勝手なスロットカー作り

に終始たので、久しぶりにこのMPCのマンタレイのボディー

に付いての朴な疑問につい書いてみたいと思う。 それは数

年前にレストアしようと思いボディーの塗装を剥離剤で落としたジ

ンク・カーに始まる・・・。

       

   

(コロンボ風) ・・・いやね~・・・、あたしゃ、初めは厚めのクリア・ボ

ディーだとてっきり思ってたんですがね~・・・、クリア・ボディーなら当

時は内側から塗装しまさね~・・・?!  それがこのボディーは外側

から2トーンで塗装されてるんですよね~。 おまけに、クリアにしちゃ

裏側の食い込みが深くてね~・・・特にフロントなんか。 ・・・そこで思

ったんですが、厚めのボディーだし、どんな型を使って抜いたんだろ

ってね。 ・・・その時はあまり考えもせずに剥離剤に投げ込んじゃ

んですがね~、これが上手く剥離できちゃったんですよね~。 

で知ったんですが、普通のビじゃ~、とけちゃいまさ~ね~。 

そこでまた思ったんですが、塩ビじゃ~ないなって・・・。 今でこそ白

フェーサーまで噴いて有りますがね、剥離当時は黄色の半透明

の古いクリア・ボディと、そりゃ~見た目は殆ど変わりゃしませんで

た~。 古い話なんで剥離した当時の証拠写真はありませんがね。

しばらくして白のサフェが乾いてからよく見たら、リアとサイドに変なラ

インが浮き出して来ましてね~?! ・・・そこでまた思ったんですが、

こりゃ何のラインだったんだろ~ってね・・・。 もう一台のジャンクの

フロントを見たらやはり有るんですね~・・・。 ・・・これ俗に云うパー

ティラインですよね~!! ・・・そこで思ったんですが、このボデ

ーも日模と同じツーピースの合わせじゃないのかってね?! 調べ

ら素材はスチレンらしいんですけど・・・、そこで考えたんですがね、

うしてそんな面倒くさい法を取ったのかな~と思いましてね~・・。

・・・その点、何かご存知ありませんかね~?!

       

1/24 MPC MantaRay のボディーの事” への2件のフィードバック

  1. おそらくブロー成形でしょう。スチロールのバッグを加熱してヘロヘロになったものをタイ焼き状の型に挟んでエアをいれて膨らませます。結構均一な肉厚になりますし、塗装もぷらキットと同じにできますね。

    いいね

  2. お久しぶり~・・・。 有難う御座います、勉強になりました~。さすがにクマゴローさん、工業系は明るいですね~。 ・・・そうなんです、外側にはパーティングラインが有るのに内側は綺麗なんですよね~。 コクピットの細かいラインもバキュームとは違い綺麗に出てますし、肉厚でほぼボディーも均一の様です。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中