⑨ 1/24 JAGUAR E-Type RS (KOGURE)

やっと2~3日前に完成車の写真を撮り終えた。 写真だとそこそこ粗をごまかす事

が出来るのだが、本当に出来はいまいちの大分手前で、東照宮は遥か彼方だ・・・。

レジンのウインドフレームの引けで、ドアのモールドとの間には大きな隙間が出来て

しまっているし、両サイドのガラス(アクリル)の接着も幌の関係で合いも悪い・・。

フロントの左右のフェンダーのつなぎには、細いモールドが溝隠しに入るのだが、今

回は省略した。 グンゼのボディーの方には既にいれてある・・・。

当時、このコグレのEタイプが走っている姿を行きつけのサーキットで見た事も無い

し、模型屋さんの棚で見かけた記憶も乏しい。 また、不思議なもので作りたい車は

いろいろ問題を抱えて永い事停滞しているのに、脱線で始めた車ばかりがとりあえず

完成を見ている。 ・・・なんかゴルフと同じで、体調万全の時に大たたきしたり、

風邪で微熱があり、「今日は早く帰りたいな~」などと思っている時にベストスコア

が出たりする。 人生とは皮肉なものだ。(苦笑)

♪「・・・何かを求めて~、振りかええても~・・、そこには~ただ、風が吹いて

だけ~・・・」

私にとって、このコグレのEタイプもそんな感じのスロットカーの1台だ・・・。

 

やはりホイルだけは出所不明のホイルから、ジャンクだがコグレの見慣れたオリジナルの物に変えてみた。 当時のホイルは、今の目からみれば精度が悪く、同じインナーを入れても入り方が違う。 仕方がないので、インナーの裏をペーパーでヤスリ、入りが均一になるように調整はしたが、多少のばらつきには目をつぶるしかあるまい。

最初の写真はばらつきが酷い物を2個選び、違いだけ写真に撮ってみた。

フロントの軸受けの取り付けを変えているために、マウント時にはスペーサーを挟み込んでクリアランスは調整している。 出来るだけ実車の雰囲気を残したかった。コグレはポストへの固定に、通常のビスではなくタッピング・ビス(鉄板ビス)を使っているので、あまりスペーサーで車高を上げると止まりが甘くなり、クラッシュした時にフロントが外れる危険がある。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中