① 1/24 Lister Jaguar (Russkit)

先週末頃から、寒の戻りと云うのか花冷えと云えばよいのか、肌寒い日が続いている。   マセラーティーを作り終えて、工作机の上もやっと(多少は)片付いた・・・。   机上の隅にはフェラーリのドロコが出番を待っているのだが、たまには気分を変えてフォーミュラでも作ってみたいと、放置車両の小さな段ボール箱を幾つか開けて見てみたら・・・、目に止まったのがこのRusskitの2台!

このリスター・ジャガーに手を付けたのがいつ頃だったのかも忘れてしまったほど古い放置車両だ。 この車はプラのバキュームで出来ているので、ねじれが心配だったのだが、それはどうにか大丈夫な様だ。(それにしても箱に入れてしまっておいたのに、ボディー表面にはうっすら埃が溜まっている・・・。)                      シャーシーも自作で、当時クラブ・レースで良く使っていたラビット・モーターをいつもの方法でリアに積んでいる。(このトレッドではFT16等の古いモーターに変えられないだろうな~・・・?!) ホイルのインナーも多分グンゼのTR3からレジン取りしたのだろうか?、ダンロップ・レーシングに似た様な鉄チン物が入れられている。(一時期ダンロップ・レーシングのホイルパターンが無くて苦労した時期があった。)

・・・しばらくこのリスターを眺めていたのだが、この車を作り始めた頃にはシリコンタイヤなどはまだ無い時代だったと思う。 カリカリのスポンジタイヤを外し、リアだけ手持ちのシリコンタイヤに変えてみた。 ・・これは初期物のボディー形状だな~。      ・・・ん~、どうにかタイヤはこれで行けそうだ。 このRasskitのリスターをこのまま作るのも当時の雰囲気があって良いのだが、すでに一部パテ盛りや切り貼りもしているので、多少いじって作ってみようか・・・?と、云う気になってきた。(苦笑)

一緒に出てきたロータスの25番も、24番に変えて作ってみたいな~・・・、と云う気もちらほらしている。 ・・・それにしても、RevellのLotus-Ford(25)と比べると大分ボディーサイドが細くて形は良い様に見える。 レベルの25はアルミのラダーフレームを入れるために大分サイドが広がっているのだ・・・。 フロントのバランスも今の目で見れば大分違う様だし・・・。

・・・いつも徒然に書いているので、話が脱線してしまったが、リスターのフロント・フェンダーの直しと、テールの形状直しからとりあえず始めてみようか~・・・?! 

完成は確約出来ないが・・・。(笑)

   

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中