①1/24 Kogure ’64 Ferrari 250 GTO

1月も早や終わろうとしている・・・。 COVID-19の第3波が依然として収束の兆しを見せない中、不要不急の外出等は極力控えているので、さぞやおもちゃの製作も進んだであろうと思われるかもしれないが・・・、それが問題だらけで全然進んでいないのである。(涙)

昨年の中頃から整理も兼ねて、手持ちの長期所在不明車や放置車両を出来るだけお金をかけないで再工作を始めているのだが、歳のせいだろうか?ミスが多くていけない! ・・・昔、こんな車にしてみようと思い手を付けた車の当時の構想を忘れてしまい、とりあえず今の気持ちの流れで製作してしまい、結局完成も危ぶまれる状態に追い込まれている・・・。 

・・・当時はSCCA風のオープンのフェアレディーでも作ろうと思ってウインドウのサッシを切り取ってしまったボディーで、ハードトップが付いたフェアレディーSを作るなどという事は大仕事だ。 既に切り取って捨ててしまったサッシを自作しなければならない・・・。  あちらこちらと手を付けているから仕方ないと自分を慰めてはいるのだが、腹の奥底では「やはり認知症が来てるのかな~?!」などと心配になってくる。(苦笑) ・・・やはり手を付ける前にはもう一度再考してみるべきだ!

長い事放置車両になっていたコグレの’64のフェラーリ250GTOのバラバラのボディーも、やっと形になって来て、先週末にシャーシーをマウントしてみた・・・。 この車のシャーシーも前後のモーターマウントが欠品していて、仕方なくブラスで自作しなければならなかった。 ユーズドのFT36Dを載せては有るのだがモーターマウントの位置はオリジナルとは多少異なってしまった。 また、ボディーのオリジナルのマウント・ポストは欠損していたので、新しくRMクラフトのポストを取り付けた。 

もう1台のGTO(白)もこの際一緒に修復してしまおうと思っている。  コグレのオリジナルはボディーへのマウントはタッピングビスである。 このボディーはポストが綺麗に残っていたので、それを利用している。  ・・・それにしても後期型のシャーシーのフロントの軸受けのガタ(前後左右に動く)だが、当時は何かのメリットを狙ってこんな取り付け方法を取ったのか? 今の目で見るとどうしても固定したくなってしまう。(ホイルベースやクリアランスが決まらないので、多分、固定するだろうが・・・)

コグレが最後に出したこのGTOのボディーは、それ以前のボディーより薄く作ってあるので、経年変化を考慮しても非常に割れやすく、ちょっと力を入れただけでボディーにクラックが入ってしまう! ・・・同じフェンダーを何回下打ちした事か?!  コースでクラッシュしたら多分ボディーは酷い事(バラバラ)になることは容易に想像がつく。 ・・・あとはウインドスクリーンとライトカバーのバキュームなどが残っている。

このGTOのボディーを修復している時にふと思い出したのが、数年前だったか?、GOODWOODでのこの’64フェラーリGTOシリーズⅡのクラッシュシーンだ!! 前を行くやはり64年のフェラーリLMをアウトから抜きにかかり、コースサイドのグリーンに足をすくわれてグラベル迄一直線に滑って行き、タイヤバリアにヒットした。 YouTubeで見た限りではリアから行ったのでそれほど大きなダメージは無いかな~?と思っていたのだが・・・、まるで薄いアルミボディーででもあるかのように、車のダメージは相当なものだった。 #APB1は以前から出ている常連車なので、私もこのクラッシュの映像を見た時にはビックリした。 一番下の写真がその時のものだが、無断拝借で使わせてもらっているので、この場を借りてお詫びさせていただく。

1/25 K&B Porsche 904-6

謹賀新年

我が家の正月は例年6日までで、7日からは通常の生活に戻るのが通例だ。 今年は不要不急の外出を控えたので、子供達や孫にも会わなかった。   例年とはちょっと違い寂しい正月ではあったが、正月中にも多少の仕事はしなければならなかったし、これはこれで仕方がない事だと思っている・・・。 

正月中に何とかK&Bの904-6に外装パーツを装着し、とりあえず形にはなった。 ポルシェの904は当時から国内や海外のメーカーから結構発売されていたのだが、個人的には1/25と多少小ぶりではあるがこのK&Bのボディーが私は一番好きなのである。 ただ、K&Bのボディーは当時としては画期的?な事だったのだろうが、ボディーとスクリーンが圧着されているのだ。  既に半世紀を過ぎたK&Bの他のボディーの未使用品を見てもクリア部分にクラックが入ってしまっているものが多い。 ・・・これが唯一の泣き所である!!

今回の車もやはりジャンクのボディーから製作したものなのだが、スクリーンのクラックを始めとして、他のメーカーの904と比べればサイドのスクリーン周りのサッシの造作がほとんどなく、ただのっぺりしているだけなので何とかそれらしくしなければならなかった。 ターゲットにした車は1965年のルマンを走った#35の904-6なのだが、実車は途中リタイアとなっている。 この65年のルマンには数台の904-6が出場しているのだがそのほとんどがリアカウルの形状が違うと云う面白い車達だ・・・。 

後は通常のK&Bのホイルを使わずにRMクラフトのダイキャスト・ホイルを使用した事だ。 このホイルは3mmシャフト用なのでフロントは3mmのオイルレスメタルに変え、リアは当時の3mmシャフト用のシャーシーパーツとして発売されていたブラスパイプを切り出して使用している。 ・・・シャーシーにはあまり手を加えたくなかったので、フロントのメタルの隙間は工業用の厚めのアルミテープを巻いてガタ止めし、リアはパイプを通すためにモーターのシャフト部分のプラ穴をドリルで広げてパイプを通している。 ギヤもAYKの合いそうなナイロンのスーパーに変えなければならなかった・・・。  タイヤはK&B用のウレタン・タイヤである。

やはり製作していて気になるのはフロントとサイドのスクリーンのヒビ割れだ~。 本来であれば切り取って型起こし後にバキュームでスクリーンを作るのが最良なのだが・・・、今回は目をつむり単なる簡単な塗装作業に終始したので、綺麗な車にはなっていない。(涙)