1/25 K&B Porsche 904-6

謹賀新年

我が家の正月は例年6日までで、7日からは通常の生活に戻るのが通例だ。 今年は不要不急の外出を控えたので、子供達や孫にも会わなかった。   例年とはちょっと違い寂しい正月ではあったが、正月中にも多少の仕事はしなければならなかったし、これはこれで仕方がない事だと思っている・・・。 

正月中に何とかK&Bの904-6に外装パーツを装着し、とりあえず形にはなった。 ポルシェの904は当時から国内や海外のメーカーから結構発売されていたのだが、個人的には1/25と多少小ぶりではあるがこのK&Bのボディーが私は一番好きなのである。 ただ、K&Bのボディーは当時としては画期的?な事だったのだろうが、ボディーとスクリーンが圧着されているのだ。  既に半世紀を過ぎたK&Bの他のボディーの未使用品を見てもクリア部分にクラックが入ってしまっているものが多い。 ・・・これが唯一の泣き所である!!

今回の車もやはりジャンクのボディーから製作したものなのだが、スクリーンのクラックを始めとして、他のメーカーの904と比べればサイドのスクリーン周りのサッシの造作がほとんどなく、ただのっぺりしているだけなので何とかそれらしくしなければならなかった。 ターゲットにした車は1965年のルマンを走った#35の904-6なのだが、実車は途中リタイアとなっている。 この65年のルマンには数台の904-6が出場しているのだがそのほとんどがリアカウルの形状が違うと云う面白い車達だ・・・。 

後は通常のK&Bのホイルを使わずにRMクラフトのダイキャスト・ホイルを使用した事だ。 このホイルは3mmシャフト用なのでフロントは3mmのオイルレスメタルに変え、リアは当時の3mmシャフト用のシャーシーパーツとして発売されていたブラスパイプを切り出して使用している。 ・・・シャーシーにはあまり手を加えたくなかったので、フロントのメタルの隙間は工業用の厚めのアルミテープを巻いてガタ止めし、リアはパイプを通すためにモーターのシャフト部分のプラ穴をドリルで広げてパイプを通している。 ギヤもAYKの合いそうなナイロンのスーパーに変えなければならなかった・・・。  タイヤはK&B用のウレタン・タイヤである。

やはり製作していて気になるのはフロントとサイドのスクリーンのヒビ割れだ~。 本来であれば切り取って型起こし後にバキュームでスクリーンを作るのが最良なのだが・・・、今回は目をつむり単なる簡単な塗装作業に終始したので、綺麗な車にはなっていない。(涙)

② Body Work・・・

8か国対抗戦のオータムネーションズカップもイングランドとフランスの熾烈な優勝争いで幕を閉じた。 ・・・国際試合では今までに見たことがない延長戦(延長前後半10分づつ)にまでもつれ込み、先に得点を入れた方が勝ちと云う今まで私が知らなかったルールが適用された。 相手のミスによるペナルティーゴールか、ドロップゴールで決まってしまうと云う延長戦だ~!! 主力メンバーを欠いたフランスではあったが、なかなか素晴らしいディフェンスで、イングランドと互角に戦っていただけに、フランスはさぞかし悔しかっただろうと思う・・・。  

LPGAの全米オープンゴルフでは渋子が頑張ってるな~!!  もし、優勝できればメジャー2冠だ~・・・。 頑張れ・・・!!

さてと・・・、今年も既に師走に入り残りも半月近くになって来た訳だが、私の場合、昔の様に戦うことは仕事においても趣味においても殆どなくなってきた。 コロナ禍の中、むやみな外出は控えなければならないし、意識的にのんびりやっているのだが、僅かな孤独感と焦燥感、無気力感でここの所の日々を過ごしている・・・。(涙)   ・・・あとは順延になった女子全米オープン最終日のTV観戦が唯一の楽しみだ~!(苦笑)

下の写真はここ2~3か月程、何も考えずに修復しているジャンク・ボディーの幾つかである。 ・・・どうにか形になって来たボディーも有るので第2弾としてUPしてみようかと思う。

Kogure’64 Ferrari250 GTO LM のボディーだが、どうにか形になって来た。 66年に発売された後期型のラダー・シャーシーの車なのだが、他の Kogure のボディーと比べるとプラスティックの厚みが薄く、また劣化によるものか?意外と簡単にクラックが入ってしまうので、修復にも注意しなければならない。 ・・・それにしても、このコグレのシャーシーのフロントの軸受けのガタはどうにかならないものかな~?!

これもKogureFairladyのジャンカーの洗浄や修復過程の写真なのだが、ジャンクのシャーシーが一つ余っていたので、昔作りかけで放置していたNITTOのボディーを利用して第3回日本GPに参加したフェアレディーSをいじり始めたもの・・・。

これはTAMIYA Prince R380 のやはり第3回日本グランプリ出場車を作ろうとしたボディーなのだが、いつも通りのジャンクボディーで既に30年近く惰眠を貪っていた車だ。 シャーシーを止めるポストも欠けていて長い事どうしたものか?と思案していた。  今回スピードホイルのレプリカを幾つか製作したので、そのホイルを使って60年代当時の雰囲気の車にでも仕上げたいと思っている・・・。

① Body Work・・・

季節外れのマスターズも事前情報とは違い、無観客ではあったがダスティン・ジョンソンが危なげないゴルフで優勝し無事終了した。  次の日の仕事も有るので、LIVEでのTV観戦はそこそこの時間までで諦め、ライブスコアーは次の日にPCで見ると云ういささか寂しい観戦ではあった。 

オーガスタにおけるダスティン・ジョンソンのハイスコアーにもびっくりしたが、タイガー・ウッズの12番のショートホール(Par3) の池ポチャ3回の10打にはもっと驚いた!!(人生もゴルフも、「たら、れば」は無いからな~・・・!) しかし、その後の6ホールで4連続の5バーディーにもこれまたびっくりさせられた・・・。  松山選手も残念であったが、例年の4月開催のマスターズとは大分違ったゴルフで、今年は見どころの多いマスターズであった様に思う・・・。

また6ネーションズが終了したと思ったら、知らないうちに今度はラグビーの ”オータム・ネーションズ・カップ” なる8か国対抗戦も始まった・・・。 新しくジョージアとフイジーが入って8か国がABの2ブロックに分けられ、そのブロックの勝者による決勝になる様だが、未だにシステムやこれから先も継続的に開催されていくのかも良く判らない・・・。(フイジーは既にチーム内にコロナ感染者が発生し、試合辞退になっているし・・・)

本来であれば既にロータス11の1台でも完成しているはずなのだが、作りたい車のパーツが上手く製作できず、実車の11も今のボディーではダメな物もあり、ホビーなので時間の無駄を省いて放置車両になっていた他の車のボディーワークを進めていた・・・。 (11では比較的珍しい「プレミア」のジャンクボディーが大分前から傍にあったので、今回は好き勝手な架空の11クーペなども作り始めてしまった・・・。苦笑) 

以下の写真は今月いじっていたボディーの幾つかだが、コグレの 64年のフェラーリ250GTO-LMのボディーには久しぶりに遊ばせてもらった。(笑) ・・・プラ板と溶着剤で欠損部を製作してみたのだが、以前に溶着剤を使いすぎたせいか?、引けが出てしまったボディーもあるので、しばらく様子をみてからフロントやサイドの穴あけをしようかと考えている。  また先日作ったスピードホイルを付けてみたい車もでてきたりして、毎晩違う車をいじっている様な日々であった・・・。

1/24 Speed Wheels &COX Large Rear Wheels (Replica)

世界的なコロナ禍で中断していた無観客の6ネーションズカップも、同率だが得失点差が上回ったイングランドの優勝で幕を閉じた。  それにしても今年のフランスは強かったと思う! そして準優勝ではあったがフランスのハーフ団は素晴らしかった・・・。  

外出が極度に減っている昨今ではあるが・・・、アメリカ大統領選挙もどうにか終り、観客を多少入れると云われている季節外れのマスターズのTV観戦が、現在の私の一番の楽しみになっている。(苦笑)

ブログも小中学校の宿題じゃあるまいし、読書感想文などUPしても面白くはない。  さりとておもちゃ作りが進んでいる訳でもなく、目標も無いままあちらこちらに手を付けている有様だ・・・。  それでも、何もやらないよりは良いと思ってはいるのだが・・・。

今回は古いスロットカーの欠品パーツをレジン取りするついでに、以前から試してみたいな~と思っていたホイルパターンを2種類ほど一緒にレジンで作ってみた。 写真のGOSENの Speed Wheel と COXの Large Rear Wheel である。 

左がオリジナルのGOSENのアルミダイキャストホイルで、右の2点がレプリカのホイルである。 最後のホイルはレシピエントとなるアルミホイルの内側に黒でアクセントを入れたもの。 

通常であればホイルインナーは決まったホイルの内側にインナーを削って入れるのだが、今回は同じ径のホイルを見つけて、その外側にレジン取りしたホイルパターンを張り付けている。 云ってみればホイルアウターなのだ。 またこの方法では見てくれはごまかせても、しっかりアウターとホイルを接着し、またタイヤもしっかり接着しなければ強度は保てない。 

・・・上手い具合にレジン取りしたホイルアウターにはミリやインチのシャフトを容易に捻じ込む事が出来るので、ホイルアウターのズレは最小限に抑える事は出来る。 今回製作したホイルもゴム系接着剤で止めてからシャフトを通し固定している。  問題はレジンのアウターを平行に削り出す事とホイルの幅がどうしても広くなってしまう事にある・・・。

③ 1/25 BatMobile

・・・実の所、子供の頃に外で遊び疲れて帰って来て、たまたまTVで見たこの「バットマン」を初めは面白半分で見ていたのだが、子供ながらに小学校の海水パンツをはいて飛び回っている様で、あまりカッコ良いとは思わなかった。 これは「スーパーマン」を見た時も同じであった。 これらのコミックのヒーローものより、「ショック」と云うタイトル名で当時深夜に放送されていたクラッシック・ホラー(フランケンシュタインの怪物やドラキュラ等)や「ルート66」の方に興味をそそられていた事を覚えている。

既にシャーシーも用意されて長期放置車両になっていたこのフーチュラ改造のバットモービルだが、当時結構ボディーにも時間をかけていたし、このままゴミにしてしまうには可愛そうなので、暑いさなかに無理をして製作したと云うところが本音だ・・・。 やはりこのクラッシック・バットモービルを作るのであれば、ボディーが多少大きくなるがポラーライツのキットが簡単でお薦めだ。

作り始めの頃ならば、もう少し上手く出来た様な気もするが・・・、この歳になってからの製作では、この程度が精一杯と云うところである。(苦笑) 

② 1/25 Batmobile

既に9月も半ばを過ぎ、うるさいほどだった蝉の鳴き声が虫の音に変わって既に久しい。 コロナ禍の中で外出自粛をしていたので、さぞかし工作が進んだと思うであろうが、9月前半迄の猛暑でそれが殆ど進んでいないのだ・・・・。  9月の4連休も自宅で仕事をしていたので、3月から殆ど遠出をしていないどころか、昨日のお墓参りまで都心の繁華街にも1度も出ていなかった・・・。(涙)

この6か月間に色々なNEWSがWebに飛び込んで来たが、どれもろくなニュースではなかった。 昨晩も期待して楽しみにしていたUSオープンゴルフのファイナル・ラウンドも、まことに残念な結果に終わってしまった。 ただの車好きとしてしいて言えば、インディー500で佐藤琢磨が2勝目を挙げたことくらいか・・・?!

7月からの猛暑の中を、時間を見つけては少しづずつ製作していた30年物の作りかけのバットモービルのパーツも大分そろい始めて来た。 ボディーも大分酷い塗装だったので、ペーパーをかけて再度クリアーを噴きなおし、幾分かは見られる様にはなったのだが、数年前に発売されたポラーライツのスナップボディーのバットモービルの塗装には遠く及ばない。 ・・・今回は出来るだけパーツを自作して、見劣りはするが・・・、自分だけのバットモービルにしたいと思っている。  

先ほどまで細かいパーツに塗装をしていたので、今キーボードを打ち始めたのだが、未だに手がシンナー臭い・・・。

① 1/25 Batmobile

長い梅雨が明けたかと思ったら、やはり想像していた様な猛暑、酷暑の日々になってしまった。  今年はCOVID-19の全国的な広がりから、5月の連休も今回のお盆休みもどこにも出ないで、自宅でのんびりしている・・・。  のんびりしているとは云っても、93歳の母が同居しているので、今までの様には外に泊まりで出ることは、なかなか出来なくなっていることもある。

・・・そう云えば2~3日前の深夜に、ペルセウス流星群の流れ星を何年かぶりに一つ見ることができた!

暑くなってきたので、おもちゃ作りもなかなかはかどらない・・・。 今週初めには思い切ってマスキングをしてボディーに塗装を吹いたのだがマスキングが細かすぎて上手くいかず、殆どの部分がフリーハンドのタッチアップになってしまった。

古いボディーではあったのだが、塗る前の下地処理を怠ったせいか、サフェーサーの荒い下地がそのまま出てしまい、軽くクリアーを吹いただけでは表面の荒れは隠せそうにない。 ・・・仕方がないのでこれから数日乾燥させてペーパーで面取りでもしようかと思っている。

既に30年ほどの歳月が経過しているのだがボディーの歪み等はなく、僅かなチップが幾つかあるがおおむね良好の様だ。 ・・・ただし、パテを盛った部分には一部ヒビが見られるところもある。 ・・・ラインの殆どの部分がタッチアップを兼ねたフリーハンドなので、ドアのバットマークも全体の出来に合わせて、今回はフリーハンドで描いている。 実際には羽の下部が3つの小さな曲面に別れているのだが、上手く描けそうになかったので、これで良しとしようと思う・・・。  コクピット内の作りも良く判らないし、肝心のバットマンもどうにかしなければならない。 ・・・まだまだやらなければならないことが結構残っている。 

問題はバットマンのヘッドを上手く作れるかだが・・・、やはり歳とともに、二度童子の工作になって来ている。(苦笑)

Lotus 11 & Batmobile

2~3日前からだろうか?、蝉の声が聞こえる様になってきた。 人間界ではコロナ禍で大騒ぎなのだが、昆虫や野生動物の世界では今年の夏は例年になくのんびりできるかもしれない。(笑)  それにしても今年の梅雨は例年よりも長い様で、毎晩工作室の窓を開けて室内の空気を入れ替えるのだが、その湿度たるや相当なものだ。(クーラーが使えないのが実に辛い!)  今年も天の川もネオワイズ彗星も見ることが出来なかった・・・。

このLOTUS11達も既に20年ほどの放置車両になっている。 1台はHモデルのレジンボディーで、後の2台はMERITの簡単な自作流し込みのやはりレジン製である。 50年代の名作プラモであるMERITのボディーは、ドア等のラインが現代のプラモと違い凸モールドになっているので、これを削り落としてから再びスジ彫りで凹のラインを引き直さなければならない。 当時も結構手間をかけたボディーだったので、レジン取りして複製を4~5台作っただろうか・・・。 しかし、このMERITのレジンボディーに初めてシャーシーが入ったのはつい4~5日前だ!!  Hモデルのボディーとは違いコックピットがシングルなので、未だにホイルもターゲットになる車も決まっていない。

このバット・モービルの方が製作を始めたのはロータス11よりも早く、レベルのフーチュラが再販された直後にボディーの改造を始めたので、既に30年程経っていようか? この車を作り始めた頃は、たしかRTRのクリアボディーのバット・モービルを1台しか持っていなかった様に思う・・・。 雑誌で見かけたK&Bのバット・モービルを探していたのだが中々見つからず、K&Bのカンガルー・シャーシーで自作を始めた車だ。

その後、ポラーライツから1/25のプラモで塗装済みのすばらしいバット・モービルが発売されたので、この車の惰眠も長くなってしまった・・・。 今回久しぶりに引っ張り出しては見たものの、ロータス11も3台同時進行ではちょっと荷が重いので、当時を振り返り、今回再び少しだけ手を入れてみた。 パーツは殆ど自作になるので、フーチュラからバット・モービルを作るのは結構大仕事になってしまうだろう・・・。  この車も完成させられるかは判らない。(苦笑)

③ 1/24 Lotus 16

どうにか6月中にこのロータス16も形になって、今はホッとしている所である。 やはりドンガラのシェルだけから、シャーシーやパーツを作ったり探したりしてどうにか形にするのには、ちょっと歳をとりすぎたかもしれない・・・。 古い水道管ではないが、何処かで水漏れでもしている様で、昔の様な情熱や集中力がなかなか注ぎ込めないのだ・・・。 昔であればスクリーン等はインセクトピンで留めたりしていたのだが、最近はインセクトピンで簡単に穴開けして、最後にそこにエナメル系の塗料を流し、簡単にふき取ると云う方法をとっている。 また今回もゼッケンのデカルを押さえるためにクリアーは軽く吹いているのだが、磨き出しは殆どしていない。 ボディーに映りこむ光の反射を見れば一目瞭然だ・・・・。

入手したボディーシェルは初期の16をモデルにしたもののようで、グラハム・ヒルを乗せたかったのだが、良い写真が見つからず、ロータスの初期の重鎮ドライバーであったクリフ・アリソン(Cliff Allison)の車にしてみた。

製作していて問題点になったのはコックピットがやや長く、その調整の為にダッシュパネルを多少長めにとってごまかしてある。 またフロントの軸受けはサスの無い細い物に交換したし、ボディーのマウントはリジットなので、リアのサスがわずかに効く程度で、殆どリジット・マウントと云っても過言ではない状態だ。 もし、マウントの留めネジを緩めて多少のサス効果を出すのであれば、ボディーに開けたシャフト・ホールを多少大きめにしなけらばならないし、リアのシャーシーの一部が僅かにボディーに当たっている部分があるので、こちらも少し削らなくてはならない・・・。

取りあえず外装品は大体取り付けたし、リアにはレヴェルの当時物の未使用のタイヤを履かせてはいるのだが、接着も芯出しも未だしていない。(ベンチでの通電テストではあたる箇所も無く良好だった。)  ・・・出来ればリアだけは同等のレヴェル風のウレタンタイヤに履き替えたいと思っている。  これから気温の上がる時期なので保存状態にもよるのだろうが、半年から1年程時間を見なければ判らないのだが・・・、上手くボディー下部等が変形しない事を祈っている。(笑) 

② 1/24 Lotus 16 (Rolling Chassis)

・・・未だに新しいブログの操作に苦しんでいる。 10年以上の歳月は、ITの進化と使い手側の退化の溝が広がり、認知症が進んでいるのではないかと不安な気持ちにさせられるほど上手く行かない。 「・・・多機能すぎるんだよ~!」 上手く操作できない理由の一つは、1週間もすると、上手く出来た操作方法を忘れてしまうのだ・・・。(涙) 仕方がないのでまた古巣へ戻りブログを書いたら、新しいブログの方に移す事にする。 「・・・やはり、そろそろ病院に行った方が良いぞ~!!」(天の声)

ボディーの粗を大体修正して、必要な罫書と穴開けなどを行い、とりあえず見繕ったシャーシーをセットしたのが上の写真である。 今回は自作のシャーシーも考えてブラスの2mm厚の板(棒状)も切り出しては見たのだが、手持ちのユーズドのダイナミック(DYNAMIC)のFT16D用のフレームが入りそうなのでそれを使う事とした。

ダイナミックのメインフレームはアルミダイキャスト製で別売りの個別パーツ数も多く、簡単な構造なのでどんなスロットカーを作る時にも非常に便利なのだが、他のメーカーのブラスシャーシーの様に半田が効かないという欠点がある。 また、ボディーを取り付ける為のフランジや穴などが殆どフレーム上に用意されていない。 ダイナミックのシャーシーにハードボディーを取り付ける為には、ちょっとした工作が必ず必要になってしまう・・・。

今回のLOTUS 16もボディーはリジット固定の為、ボディーとシャーシーに幾つかの工作をしなければならなかった・・・。 これは個人的な感想なのだが、ダイナミックのシャーシーを初めて見た時から(見てくれからか?)、あまり好きになれなかった。(苦笑) ダイナミックのシャーシーは当時殆ど日本では見かけなかったし、タミヤの様なダイキャスト成型なので、まず半田がダメで、タン(棒状のメインフレーム)を無骨なビスで固定するだけの簡素な構造で、やはり一番の問題はどうやってボディーに固定したら良いのか?と云う問題があったからだ・・・。 (最近になって、その使いやすさやパーツの豊富さに、その良さを再発見している次第なのだが・・・。)

下の写真が今回使用した中古シャーシーなのだが、フロントのサスが入った軸受けは幅が広すぎて入らなかったので細い物に交換し、フレームのセンターにはブラス板でボディーを留める為のプレートを新設した。 またリアにはやはりアルミの角材からマウント用のプレートを切り出し、こちらもフレームに細いビスで固定している。

その他にも問題点は幾つかあり、メインフレーム(タン)の先に付くガイドホールが少し先に付きすぎていて、ガイドを付けるとガイドの先端がフロントカウルの先に出てしまうのだ・・・。 仕方がないのでガイド自体を改造しポストの位置が先に来るトレーリングタイプのガイドに変えてみた。(ナイロン素材のガイドの上に長方形の小さな小窓を切り出すのにはちょっと骨が折れた・・・。)

入手したのが殆どドンガラのシェルだけなので、これからいろいろパーツを探し出したり作っていかなければならない・・・。