⑧ 1/24 学研 ローラ T70 (GAKKEN)

伝統のモナコGPも、ブラウンGPはあっさり1,2で勝利してしまった・・。
今年から車両レギュレーションが大きく変わり、各チーム共まったく車が変ってしまったが、ブラウンGPは高速コース、中低速の市街地コースの両方で見事な走りを見せた。
素人目にも車の完成度の高さと、メルセデス・エンジンとのマッチングも完璧に見える。
新興チームにありがちなデータ不足(サスやフロントのアライメント、ギアレシオ、ブレーキバランス、PCロム、燃費、その他もろもろ・・・)もTVを見ている限り、殆んど感じなかった・・・。
ロス・ブラウンは、一流チームを渡り歩いた彼の長いレース経験の中で、それらのデータを豊富に蓄積しているのであろう・・・。
1,2戦、まぐれで優勝する新興チームとはちょっと違う事だけは間違いない・・!!(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先々週の事になるが、この学研のローラの事について、本家の学研に問い合わせて見たのだが、やはり「何分、大分前の事で、担当者が見つからず、詳しいことは判らない。」と言う回答を貰った。
・・・・さもありなんである。(笑)
当時のモデル・スピード・ライフの中で、発売直後のテスト座談会の中で学研の担当者(岸上氏、塩崎氏)は以下の様に語っている。

真鍮製のクラウン・ギアや、P-2に比べれば径の大きいこのローラのホイルなどを外注していたのかもしれない・・・。
また、木型も5~6台作っていると云う中に、このローラが入っていたものと考えられる。
    
学研のこのアルミシャーシーだが、輸出用の物にはシャーシー下面に”Pi JAPAN “と云う打刻が入っている。
(国内物にはこの打刻が無く、Pi とは Proforma Invoice “輸出品”の略なのか・・・?)
PS:P-2

⑦ 1/24 学研 ローラ T70 (GAKKEN)

いや~、参りました~。 また、五十肩の再発の様であります・・・。
2~3日前より首筋が張って、右の肩関節の辺りがちょっと痛かったのですが、今朝起きたらある一部が激痛であります。
1年ほど前にもやっているので再発と言うことなのですが、朝から冷シップを貼り交通整理のガードマンよろしく、右手を上げたり下げたり、回したり・・・、こればかりは経験したことの無い方には判らないと思います。
キーボードを打つのも苦痛です。(苦笑)
ブログの誤字脱字も多いし、頭も体もボロボロの様です・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    
今月のブログは学研一辺倒れになってしまい、書いてる本人もちょっと食傷気味になってきました。
さて、私が海外から入手したローラT70にはストロンベーカーのHEMI400モーターが付いています。
また、eBay 等で見かけるこの学研のシャーシーの殆んどにHEMI400がのっているのはなぜなんでしょう・・・?
先日、鎌倉の大御所さまに教えて頂いたのですが、 ”65年当時、マブチのスロット・カー用モーターが不足した時期” があったそうです。(色々感謝!!)
学研はその国内事情を見越して、ストロンベーカーのモーター用のモーター・スペーサーまで作り、アメリカで発売したのでしょうか・・・?
学研はこの車の市場を最初からアメリカ(海外)輸出を念頭に置いてポスト・ホビーと代理店契約を結んだのかも知れません。
痛て~・・・!!
PS:Pー2

⑥ 1/24 学研 ローラ T70 (GAKKEN)

先日のスペインGPは、やはりブラウンGPの1,2で決着した・・。
FIAの経費制限ルールなどと云う、今の経済情勢に合わせた訳の判らないルールなども取り沙汰されて、色々問題も噴出し始めている。
それにしても老舗のブランド・ティーム達の低迷は、一体どうしたと言うのだろう・・・?!
この分で行くと、ブラウンGPは早々にコンストラクターもドライバーもチャンピオンを決めてしまいそうな勢いだ・・!!
余計なお世話だが・・、時代背景は悪いが、ロス・ブラウンは金鉱を掘り当てた様な気がする。(笑)
自分の名を冠した車で、ティーム・オーナーで、F-1GPのチャンピオンになるなどと言うことは、男の見果てぬ夢であるからだ・・・!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・・・スケールは大分小さくなるが、学研のモーターの話である。(笑)
私がこのモーターを手にしたのは、このローラに付いていた物が初めてである。
前にも書いたが、このモーターの性能自体も体感していないのだ。
当時の雑誌等によれば、ストレートは速かった様だ。
学研のシャーシーはモーターを横に寝かせて搭載する形を採ってはいるが、それにしても重量はあるし、通常のマブチのカン・モーターに比べれば重心が高くなってしまうであろう・・・。
どの程度ブレーキが効いたかも判らないが、コーナーの入り口では大分気を使ったことだと思う。
      
(真鍮の軸受けホルダーの物が Kemtron )
この学研の改良モーターは、何と比べてどこをどう改良したのかは判らないが、手持ちに丁度同型のケムトロンの8Vモーターが有ったので、簡単に比較してみたいと思う。
2個とも同じ5ポールで、界磁の厚みは16mmと大体同じ大きさの物である。
学研は12Vでケムトロンは8Vで有るが、作りは良く似ている。
界磁の枚数は学研が22枚でケムトロンは30枚である。
見たところ巻き線の色も太さも同じように見える・・・。
(よく見ると、学研の方が巻き腺が幾分太く、巻き数も少ない様にも見えるが・・・?)
多分、厳密に言えばボルト数も違うのでモーターのトルク曲線も違うとは思うが、両方とも国産(日本製)なのでまったく無意味な比較にはならないと思う・・・。(笑)
当時の模型雑誌によれば、この手の電関用モーターはブラシをパイプの中でコイル・スプリングで抑えていたものが多い。
・・それがどうやら、熱でコイル・スプリングのバネ・レートが下がり、パワーが落ちてしまう欠点があった様だ。
その点、学研の改良モーター(CU28型?)は、マブチのカン・モーターの様にブラシ・ケース(パイプ)にスリットを入れて、クリップ状のスプリングで抑え付けているのが大きな相違点である。
(こうすればスプリングに多大な熱が掛かるのを防げ、ブラシをコミュに安定的に押し付けることが出来る)
・・・このモーターも多分、カツミ(KTM)製ではないかと思われる。

休暇

2日の夜から、家族で田舎に行ってまいりました。
ETCのカードの注入不良から、ゲートに激突しそうになるハプニングは有りましたが、多少なりとも日常から離れた”まったり”とした休日を過ごしてきました。
ここのところ歳のせいか疲れが取れず、田舎でも朝起きるとコーヒーを飲みながら、ソファーでTVをボーっと見ているような生活を送っておりました。
たまたま、以前見損なっていた「ハゲタカ」と言う金融ドラマをNHK BSで再放送しており、その後に「ジャック・アタリへのインタビュー」を立て続けに見て午前中はTV三昧・・・。
この番組は明日も続きが放送され、休み中の私の楽しみになってしまいました。(笑)
午後からは、庭掃除と懸案であったガレージの天井のカビ取り作業。
キッチン・ハイターの2倍液で殺菌目的で拭いて見ましたが、効果の程はどうでしょう・・・?
後はストーブの前で薪をくべながら、炎を見ながら漠然と、自分の中の孤独や不安、老化や老後の事などを考えておりました。
ここのところの”世界の度重なる激変”よりも、自分自身のうつろいやすさが一番の問題なのかも知れません・・・。
・・・自分の中に、夢や目標や信念が無くなりかけているのです。(苦笑)
      

PS: 1/24 学研 フェラーリ 330P-2(PhaseⅡbody) 

ゴールデン・ウイークもたけなわ・・・、私も今日からささやかな休日に入ります。
午前中に友人のT氏から連絡があり、「学研のP-2のボディー、出しといたよ~・・・。」と言うことなので、午後から急いでお借りしに行って来ました。
・・・おまけに、面白い ”おみあげ” まで貰って来ちゃいました~。(感謝)
豚インフルエンザじゃ~あるまいし、フェーズⅡはちょっと大げさですが、先ほど写真を撮りましたのでUPしてみたいと思います。
久しぶりにこのボディーを見ましたが、ボディー表面上には通常のボディーとの違いは見られません。
      
これはフロント・ポスト部分ですが、通常のポストの前方に新しい台座が新設され、やはり取り付け位置を示すサークルが作られています。
    
これはリア・ポスト部分で、やはりポストを後方に下げる為に台座部分を新設拡張しています。
      
リア・パネル下部にも違いが見られます。
通常のボディーには、GAKKEN TRCと言うロゴが入っていますが、アルミ・シャーシー対応型のボディーには、ロゴを上から消す為に、ご覧のような長方形のプレートが作られています。
(なぜ、消す必要があったのでしょうか・・・?)
又、アルミ・シャーシーはリア取り付け部分(ホール)が通常のジュラコン・シャーシーより後方になる為、パネルの一部が削り取られて凹んでいます。

⑤ 1/24 学研 ローラ T70 (GAKKEN)


(私の手元に来た時にはすべてのタイヤが無い状態でしたので、手持ちのタイヤを取り付けたので、タイヤはオリジナルではありません。)
このシャーシーを、学研は「ストックカー・シャーシー」と云う謳い文句で当時発売しました。
又、当時の模型雑誌によれば、輸入プラモデル専門店である「ポスト・ホビー」が総販売元となっています。   ・・・なぜなんでしょう?
当時のプラモデルやスロット・カーのキットなどは、三つ星等の大手玩具問屋から個人の模型店やサーキットに卸されていた様に思うのですが・・・。
後は幾つかのスロット・カー専門の中小の卸問屋も存在していたようです。
さて、このシャーシーはアルミの肉厚も1mm程あり、ラダーとパンの中間タイプのインラインで、薄めの真鍮のシャーシーなどより確かに剛性はありそうです。
GTなどのショート・ホイル・ベースの車に使った場合は、より剛性がUPすると同時に捩じれにも強そうです。
モデル・スピード・ライフ等の雑誌にも、当時ストックカーの製作記事が掲載されておりましたが、私はこのシャーシーに自宅でパワー・パックから通電し、モーターの回りとギアの当たりを見たぐらいで、サーキット走行をさせた事はありません。
共同購入者であるU氏は、早々等々力のサーキットに持ち込み、この車のインプレッションをメールで知らせて頂いたことが有りました、(感謝)

(私の手持ちのシャーシーに付いている、当時の唯一のオリジナル(?)タイヤ。  ・・・多分、当時のオリジナルだと思いますが、Oリング状の硬質ゴム・タイヤですが既に劣化が進み、外すと割れてしまいそうです。)
下の写真は、各モーター取り付け時のリア・(モーター)マウントの違い。

(学研改良モーター)(FT36D)(ストロンのHEMI400)