OLD F1

1~2年前に、”秋の夜長にのんびりスロットの製作・・・” などと

ブログに書いた事が有る様な気がするが、九月も半ばだと云うの

にこの暑さはなんだ~・・・?!

日が沈んで大分経つが、私の部屋の温度計は31℃以上を指して

いる。(節電ではなく、いつも喫煙の為に窓を開けている。 苦笑)    

暑いが、11月のレースまではそこそこのんびり出来るので、時間

を見つけては無手勝流のスロットの製作を再び再開した・・・。

アトランティーク、2735GT、555、801、TOK258、JAG Mk1

等、製作待ちの車は溜まるばかりだが、今まで、どうしても古いF1

のシャフト・ドライブが上手く出来ていなかったので、夜な夜な再考

を始めている。

昔作った、ろくすっぽ走らない古い車を引っ張り出してきては、当時

のシャーシーを見て、何かヒントは無いか探して見たりする・・・。

ただただ、フルサイズのドライバーを乗せたいが為なのだが・・・。

(車の考証は殆んどが曖昧だ・・・。)

   

    

写真の車達は大分前に製作し、何台かはモデナで走行させた事

もある古い物だが・・・、タルボはエレール、156はニチモの改造、

マセラーティーはメリットのレジン、ヴァンウォールは童友社だ。

エレールのタルボのモーターはFT16Dで、シャーシーは自作、

シャフト・ドライブにしてあるが、クラウン・ギアの噛み合せの関係

でモーターを多少オフセットしている。

(・・・・またタイヤにカビが生えている。 参ったな~?!)

マセラーティーは単純に自作シャーシーにF100を乗せた物だが、

半田付けにフラックスを使い、良く洗ったつもりだがモーターの

缶に錆が出ている。

この車もフルドライバーにしたかったのだが、F100の非力では

長いプロペラ・シャフトのギア側のホルダーの摩擦ロスを嫌い

普通の状態のモーター位置にしてしまったため、コクピットは上

げ底のあまり見栄えのしない物になってしまっている。

(首なし騎士になってしまってから、すでに久しい・・・。  笑 )

156はニチモのどうしようもないボディーを削り出してここまで形

にしたのだが、今の目で見るとタイヤが太すぎる・・・。

シャーシーはCOXのF1用が入っている。

一番簡単だったのが童友社のバンウォールだ。

これはただホイルとタイヤを替えただけだ・・・。

昨日、「HERITAGE」のO氏にお願いしていた32用のロング・

シャフトのモーターが届いたので、今晩辺り上手く使えるかどうか

試してみようと思う・・・。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中